1.84図面の基準 

  • (a)図面。ユーティリティおよび意匠特許出願で図面を提示するための2つの許容可能なカテゴリがあります。

    • (1)黒インク。通常、白黒の図面が必要です。墨汁、または黒の実線を確保する同等のインクを描画に使用する必要があります。また

    • (2)色。カラー図面は、デザインアプリケーションで許可されています。意匠出願にカラー図面が含まれている場合、アプリケーションには、このセクションのパラグラフ(a)(2)(ii)で要求されるカラー図面のセットの数を含める必要があり、仕様には、パラグラフ(a)(2)で要求される参照を含める必要があります。 (iii)このセクションの。まれに、実用新案出願で特許を取得しようとしている主題を開示するための唯一の実用的な媒体として、カラー図面が必要になる場合があります。カラー図面は、図面のすべての詳細が印刷された特許で白黒で再現できるように、十分な品質でなければなりません。カラー図面は国際出願では許可されていません(PCT規則11.13を参照)。官庁は、この段落に基づいて提出されたカラー図面が必要な理由を説明する請願を許可した後にのみ、実用新案の特許出願でカラー図面を受け入れます。そのような請願には、以下を含める必要があります。

      • (i)§に記載されている料金 1.17(h)  ;

      • (ii)Office電子ファイリングシステムを介して提出された場合は1セットのカラー図面、Office電子ファイリングシステムを介して提出されなかった場合は3セットのカラー図面。と

      • (iii)図面の簡単な説明の最初の段落として次の言語を挿入するための仕様の修正(仕様に含まれている、または含むように以前に修正されている場合を除く)。

        特許または出願ファイルには、カラーで実行された図面が少なくとも1つ含まれています。この特許または特許出願の出版物とカラー図面のコピーは、要求と必要な料金の支払いに応じて、Officeから提供されます。

  • (b)写真。—

    • (1)白黒。写真のコピーを含む写真は、通常、実用新案および意匠特許出願では許可されていません。ただし、クレームされた発明を説明するための実用的な媒体が写真のみである場合、Officeは実用新案および意匠特許出願で写真を受け入れます。たとえば、電気泳動ゲルの写真または顕微鏡写真、ブロット(たとえば、免疫学的、西部、南部、および北部)、オートラジオグラフ、細胞培養(染色および非染色)、組織学的組織断面(染色および非染色)、動物、植物、インビボイメージング、薄層クロマトグラフィープレート、結晶構造、および設計特許出願では、装飾効果が許容されます。出願の主題が図面による例示を認める場合、審査官は写真の代わりに図面を要求することがあります。写真のすべての詳細が印刷された特許で再現できるように、写真は十分な品質でなければなりません。

    • (2)カラー写真。カラー写真と白黒写真を受け入れるための条件が満たされている場合、カラー写真は実用新案および意匠特許出願に受け入れられます。このセクションのパラグラフ(a)(2)および(b)(1)を参照してください。

  • (c)図面の識別。識別表示を提供する必要があり、提供される場合は、発明の名称、発明者の名前、出願番号、または出願番号が出願に割り当てられていない場合は整理番号(存在する場合)を含める必要があります。この情報を提供する場合は、各シートの前面の上部マージン内に配置する必要があります。申請書の提出日以降に提出された各図面シートは、§に従って「交換シート」または「新しいシート」のいずれかとして識別される必要があります。  1.121(d) 。加えられた変更を示す注釈を含む修正された図面図のマークアップされたコピーが提出される場合、そのようなマークアップされたコピーは、§に従って「注釈付きシート」として明確にラベル付けされなければなりません。  1.121(d)(1)

  • (d)図面のグラフィックフォーム。化学式または数式、表、および波形は図面として提出でき、図面と同じ要件が適用されます。情報が適切に統合されていることを示すために、各化学式または数式には、必要に応じて角かっこを使用して、個別の図としてラベルを付ける必要があります。波形の各グループは、水平軸に沿って時間を延長する共通の垂直軸を使用して、単一の図として提示する必要があります。仕様で説明されている個々の波形は、縦軸に隣接する個別の文字指定で識別する必要があります。

  • (e)紙の種類。 Officeに提出する図面は、柔軟性があり、丈夫で、白く、滑らかで、光沢がなく、耐久性のある紙で作成する必要があります。すべてのシートには、ひび、折り目、折り目が適度にないようにする必要があります。シートの片面のみを描画に使用できます。各シートは、合理的に消去がなく、変更、上書き、およびインターラインがない必要があります。写真は、このセクションのパラグラフ(f)のシートサイズ要件およびこのセクションのパラグラフ(g)のマージン要件を満たす紙に現像する必要があります。写真の他の要件については、このセクションのパラグラフ(b)を参照してください。

  • (f)用紙のサイズ。アプリケーションのすべての図面シートは同じサイズである必要があります。シートの短辺の1つが上面と見なされます。図面が作成されるシートのサイズは次のとおりである必要があります。

    • (1)21.0cm。 29.7cm。 (DINサイズA4)、または

    • (2)21.6cm。 27.9cm。 (8 1/2 x 11インチ)。

  • (g)マージン。シートには、視界の周りのフレーム(つまり、使用可能な表面)が含まれていてはなりませんが、スキャンターゲットポイント(つまり、十字線)が2つのキャタコーナーマージンコーナーに印刷されている必要があります。各シートには、少なくとも2.5cmの上マージンが含まれている必要があります。 (1インチ)、少なくとも2.5cmの左側マージン。 (1インチ)、少なくとも1.5cmの右側マージン。 (5/8インチ)、および少なくとも1.0cmの下マージン。 (3/8インチ)、それによって17.0cm以下の視界を残します。 26.2cm。 21.0cmに。 29.7cm。 (DINサイズA4)図面シート、17.6cm以下の視力。 24.4cm。 (6 15/16 x 9 5/8インチ)21.6cm。 27.9cm。 (8 1/2 x 11インチ)図面シート。

  • (h)ビュー。図面には、発明を示すために必要な数のビューが含まれている必要があります。ビューは、平面図、立面図、断面図、または斜視図の場合があります。必要に応じて、要素の一部の詳細ビューをより大きなスケールで使用することもできます。図面のすべてのビューは、スペースを無駄にすることなく、できれば直立した状態で、互いに明確に分離して、グループ化してシート上に配置する必要があります。また、仕様、クレーム、または要約を含むシートに含めないでください。ビューは投影線で接続してはならず、中心線を含んでいてはなりません。電気信号の波形は、波形の相対的なタイミングを示すために破線で接続することができます。

    • (1)分解図。さまざまな部品の組み立ての関係または順序を示すために、分離された部品がブラケットで囲まれた分解図は許容されます。別の図と同じシート上にある図に分解図を表示する場合は、分解図を角かっこで囲む必要があります。

    • (2)部分ビュー。必要に応じて、大型の機械または装置のビュー全体を1枚のシートに部分的に分割したり、ビューを理解する機能に損失がない場合は複数のシートに拡張したりすることができます。別のシートに描画された部分ビューは、部分ビューに別の部分ビューの一部が含まれないように、常に端から端までリンクできる必要があります。部分的なビューによって形成された全体を示し、示されているパーツの位置を示す、より小規模なビューを含める必要があります。ビューの一部を拡大する目的で拡大する場合、ビューと拡大ビューはそれぞれ別々のビューとしてラベル付けする必要があります。

      • (i)2枚以上のシートのビューが事実上単一の完全なビューを形成する場合、複数のシートのビューは、さまざまなシートに表示されるビューの一部を隠すことなく完全な図を組み立てることができるように配置する必要がありますシート。

      • (ii)非常に長いビューは、1枚のシート上に上下に配置された複数の部分に分割される場合があります。ただし、異なる部分間の関係は明確で明確でなければなりません。

    • (3)断面図。断面図をとる平面は、断面を切り取った図に破線で表示する必要があります。破線の端は、断面図のビュー番号に対応するアラビア語またはローマ字の数字で指定する必要があり、視線の方向を示す矢印が付いている必要があります。ハッチングは、オブジェクトの断面部分を示すために使用する必要があり、線を問題なく区別できるように、十分に間隔を空けて等間隔に配置された斜めの平行線で作成する必要があります。ハッチングは、参照文字とリード線の明確な読み取りを妨げてはなりません。ハッチング領域の外側に参照文字を配置できない場合は、参照文字が挿入されている場所でハッチングが途切れる可能性があります。ハッチングは、周囲の軸または主線に対してかなりの角度、できれば45°でなければなりません。断面が取られたビューに示されているように、すべての材料を示すために、断面を設定して描画する必要があります。断面のパーツは、一定間隔の平行な斜めのストロークでハッチングすることにより、適切な材料を示す必要があります。ストローク間のスペースは、ハッチングする総面積に基づいて選択されます。同じアイテムの断面のさまざまな部分は、同じ方法でハッチングされ、断面に示されている材料の性質を正確かつグラフィカルに示す必要があります。並置された異なる要素のハッチングは、異なる方法で角度を付ける必要があります。広い領域の場合、ハッチングは、ハッチングされる領域の輪郭の内側全体の周りに描かれたエッジに限定される場合があります。異なるタイプのハッチングは、断面で見られる材料の性質に関して、異なる従来の意味を持つ必要があります。

    • (4)代替位置。移動した位置は、混雑することなく実行できる場合、適切なビューに重ねられた破線で示される場合があります。それ以外の場合は、この目的のために別のビューを使用する必要があります。

    • (5)変更されたフォーム。変更された形式の構造は、別のビューで表示する必要があります。

  • (i)ビューの配置。あるビューを別のビューの上に配置したり、別のビューのアウトライン内に配置したりしないでください。同じシート上のすべてのビューは同じ方向に立っている必要があり、可能であれば、シートを直立させた状態で読み取れるように立ってください。本発明を最も明確に示すためにシートの幅よりも広い視野が必要な場合、見出しスペースとして使用される適切な上部マージンを備えたシートの上部が上になるように、シートを横向きにすることができる。右側。横軸(Xの)と軸を示すために標準的な科学的慣習を利用するグラフを除いて、ページが直立または上が右側になるようにめくられるとき、単語は水平、左から右の方法で表示される必要があります(Yの)縦座標の。

  • (j)フロントページビュー。図面には、発明を示すために必要な数のビューが含まれている必要があります。ビューの1つは、本発明の実例として、特許出願刊行物および特許の表紙に含めるのに適しているはずである。ビューは投影線で接続してはならず、中心線を含んでいてはなりません。出願人は、特許出願公開および特許のフロントページに含めるための単一のビュー(図番号による)を提案することができます。

  • (k)スケール。図面の縮尺は、複製時に3分の2に縮小した場合に、混雑することなくメカニズムを示すのに十分な大きさである必要があります。図面に「実寸」や「縮尺1/2」などの表示は、別の形式で複製すると意味がなくなるため、許可されていません。

  • (l)線、数字、文字の文字。すべての図面は、満足のいく再現特性が得られるプロセスで作成する必要があります。すべての線、数字、文字は、耐久性があり、きれいで、黒(カラー図面を除く)で、十分に濃くて暗く、均一に太く、明確に定義されている必要があります。すべての行と文字の太さは、適切な複製を可能にするのに十分な重さでなければなりません。この要件は、細かくてもすべての線、陰影、および断面図で切断面を表す線に適用されます。異なる太さの線とストロークは、異なる太さが異なる意味を持つ同じ図面で使用される場合があります。

  • (m)シェーディング。ビューでの陰影の使用は、それが本発明を理解するのに役立ち、それが読みやすさを低下させない場合に推奨されます。シェーディングは、オブジェクトの球形、円筒形、および円錐形の要素の表面または形状を示すために使用されます。平らな部分も薄い色合いになる場合があります。このような陰影は、断面図ではなく、透視図で示される部品の場合に推奨されます。このセクションのパラグラフ(h)(3)を参照してください。シェーディングにはスペースラインを使用することをお勧めします。これらの線は細く、実行可能な数だけ少なくする必要があり、他の図面と対比する必要があります。シェーディングの代わりに、オブジェクトのシェード側の太い線を使用できます。ただし、オブジェクトが互いに重なっている場合や、参照文字が不明瞭な場合を除きます。光は左上隅から45°の角度で来るはずです。表面の描写は、適切な陰影で示すことが望ましいです。棒グラフまたは色を表すために使用される場合を除いて、黒一色の陰影領域は許可されません。

  • (n)記号。必要に応じて、従来の要素にグラフィック描画記号を使用できます。このような記号およびラベル付き表現が使用される要素は、仕様で適切に識別されている必要があります。既知のデバイスは、広く認識されている従来の意味を持ち、芸術で一般的に受け入れられている記号で示す必要があります。普遍的に認識されていない他の記号は、既存の従来の記号と混同される可能性が低く、容易に識別できる場合は、官庁の承認を条件として使用することができます。

  • (o)凡例。適切な説明的凡例は、官庁の承認を条件として使用される場合があり、または図面を理解するために必要な場合は審査官によって要求される場合があります。できるだけ少ない単語を含める必要があります。

  • (p)数字、文字、および参照文字。

    • (1)参照文字(数字を使用することをお勧めします)、シート番号、およびビュー番号は、わかりやすく読みやすいものにする必要があります。また、角かっこや逆コンマと組み合わせて使用したり、アウトラインで囲んだりすることはできません。シートを回転させないように、ビューと同じ方向に向ける必要があります。参照文字は、描かれているオブジェクトのプロファイルに従うように配置する必要があります。

    • (2)文字には英語のアルファベットを使用する必要があります。ただし、角度、波長、数式を示すギリシャ語のアルファベットなど、別のアルファベットが通常使用される場合を除きます。

    • (3)数字、文字、および参照文字は、少なくとも.32cmである必要があります。 (1/8インチ)高さ。それらは、その理解を妨げるために図面に配置されるべきではありません。したがって、線と交差したり、混ざったりしないでください。ハッチングまたはシェーディングされた表面に配置しないでください。表面や断面を示すなど、必要に応じて、参照文字に下線を付けたり、文字が現れるハッチングや陰影に空白を残して、はっきりと見えるようにすることができます。

    • (4)図面の複数のビューに表示される発明の同じ部分は、常に同じ参照文字で指定する必要があり、同じ参照文字を使用して異なる部分を指定することはできません。

    • (5)説明に記載されていない参照文字は、図面に表示されないものとします。説明に記載されている参照文字は、図面に表示されている必要があります。

  • (q)リード線。リード線は、参照文字と参照される詳細の間の線です。このような線は直線でも曲線でもかまいませんが、できるだけ短くする必要があります。それらは、参照文字のすぐ近くで発生し、示された機能まで拡張する必要があります。リード線は互いに交差してはなりません。リード線は、それらが配置される表面または断面を示すものを除いて、各参照文字に必要です。このような参照文字には、リード線が誤って省略されていないことを明確にするために下線を引く必要があります。リード線は、図面の線と同じ方法で実行する必要があります。このセクションのパラグラフ(l)を参照してください。

  • (r)矢印。次のように、矢印の意味が明確である場合は、行の終わりに矢印を使用できます。

    • (1)リード線上で、それが指すセクション全体を示す独立した矢印。

    • (2)リード線上で、線に接する矢印は、矢印の方向に沿って見ている線によって示される表面を示します。また

    • (3)移動方向を表示します。

  • (s)著作権またはマスク作業の通知。著作権またはマスク作品の通知が図面に表示される場合がありますが、著作権またはマスク作品の素材を表す図のすぐ下の図面の視界内に配置する必要があり、印刷サイズが.32cmの文字に限定されます。 〜.64cm。 (1 / 8〜1 / 4インチ)高さ。通知の内容は、法律で規定されている要素のみに限定する必要があります。たとえば、「©1983 John Doe」(17 USC 401)および「* M * John Doe」(17 USC 909)は適切に制限され、現在の法律では、それぞれ法的に十分な著作権およびマスク作業の通知があります。著作権またはマスク作業の通知を含めることは、§に記載されている承認言語の場合にのみ許可されます。  1.71(e)  仕様の最初(できれば最初の段落として)に含まれています。

  • (t)図面のシートの番号付け。図面のシートには、このセクションの段落(g)で定義されているように、視界内で1から始まる連続したアラビア数字で番号を付ける必要があります。これらの番号が存在する場合は、シートの上部の中央に配置する必要がありますが、余白には配置しないでください。図面が使用可能なサーフェスの上端の中央に近すぎる場合は、番号を右側に配置できます。図面シートの番号は、混乱を避けるために、明確で、参照文字として使用される番号よりも大きくする必要があります。各シートの番号は、斜線の両側に配置された2つのアラビア数字で示す必要があります。最初の数字はシート番号で、2番目の数字は図面のシートの総数であり、他のマークはありません。

  • (u)ビューの番号付け。

    • (1)異なるビューには、シートの番号付けとは関係なく、可能であれば図面シートに表示される順序で、1から始まる連続したアラビア数字で番号を付ける必要があります。 1枚または複数枚のシートで1つの完全なビューを形成することを目的とした部分ビューは、同じ番号とそれに続く大文字で識別する必要があります。ビュー番号の前には、略語「FIG」を付ける必要があります。クレームされた発明を説明するために単一のビューのみが出願で使用される場合、それは番号付けされてはならず、略語「図」。表示してはいけません。

    • (2)ビューを識別する数字と文字は、単純で明確でなければならず、角かっこ、円、または逆コンマと組み合わせて使用してはなりません。ビュー番号は、参照文字に使用される番号よりも大きくする必要があります。

  • (v)セキュリティマーキング。許可されたセキュリティマーキングは、図面が視界の外にある場合、できれば上部マージンの中央に配置されている場合に、図面に配置できます。

  • (w)訂正。官庁に提出された図面の修正は、永続的かつ永続的でなければなりません。

  • (x)穴。図面シートに申請者が穴を開けてはいけません。

  • (y)図面の種類。見る §  1.152  意匠図については、§1.1026、国際意匠複製については、§  1.165  植物図の場合、および§  1.173(a)(2)  図面の再発行用。

A.目的

USPCシステムの意匠分類スケジュールは、米国意匠特許の本体に構造化された組織を提供します。デザイン特許の請求は「製品」の「装飾デザイン」に向けられているため[35USC 171]、デザイン分類スケジュールは、特許権を付与された工業用デザインへの効率的なアクセスを促進します。
 

B.理論

意匠特許の分類は、意匠特許で開示および主張されている意匠の機能または使用目的の概念に基づいています。個々のデザインが異なる環境で使用される場合でも、同じ機能を持つ工業デザインは、通常、同じデザインクラスに収集されます。

たとえば、特許取得済みの座席のデザインは、家庭、職場、車両などで使用できる場合でも、クラスD6、家具に分類されます。同じ機能の工業デザインは、特定の機能的特徴、独特の装飾的外観、またはフォーム。

 

C.特許クラスの設計

US Designの特許は、33のクラスの主題に分類されます。  米国のデザインクラス

D1食用製品
D2アパレルとハーバーダッシャリー
D3旅行用品、私物、保管または持ち運び用の物品
D4ブラシウェア
D5繊維または紙のヤード商品;シート素材
D6家具
D7他に指定されていない飲食物を準備または提供するための機器
D8ツールとハードウェア
D9パッケージおよび商品用コンテナ
D10機器の測定、テスト、または信号
D11ジュエリー、象徴的な記章、装飾品
D12輸送
D13エネルギーの生産、流通、または変換のための機器
D14記録、通信、または情報検索機器
他に指定されていないD15マシン
D16写真および光学機器
D17楽器
D18印刷およびオフィス機械
D19事務用品;アーティストと教師の資料
D20販売および広告機器
D21ゲーム、おもちゃ、スポーツ用品
D22武器、花火、狩猟および釣り道具
D23環境加熱および冷却、流体処理および衛生設備
D24医療および実験装置
D25ビルディングユニットと建設要素
D26照明
D27タバコおよび喫煙者用品
D28化粧品およびトイレ用品
安全、保護および救助のためのD29機器
D30畜産
D32洗濯機、洗浄機、乾燥機
D34材料または物品処理装置
D99その他

国コードは、特許出願が提出または付与された国または組織を示す2文字(GBなど)で構成されます。

ALアルバニア

APアフリカ地域工業所有権機構

ARアルゼンチン

オーストリアで

AUオーストラリア

BAボスニアヘルツェゴビナ

BEベルギー

BGブルガリア

BRブラジル

CAカナダ

CHスイス

CLチリ

CN中国

COコロンビア

CRコスタリカ

CSチェコスロバキア(1993年まで)

CUキューバ

CYキプロス

CZチェコ共和国

DDドイツ民主共和国

DEドイツ

DKデンマーク

DZアルジェリア

EAユーラシア特許機関

ECエクアドル

EEエストニア

EGエジプト

EP欧州特許庁

ESスペイン

FIフィンランド

FRフランス

GBイギリス

GC湾岸協力会議

GEジョージア

GRギリシャ

GTグアテマラ

香港香港(SAR)

HRクロアチア

HUハンガリー

IDインドネシア

IEアイルランド

ILイスラエル

インドで

アイスランドです

ITイタリア

JPジャパン

KEケニア

KR韓国(南)

LIリヒテンシュタイン

LTリトアニア

LUルクセンブルグ

LVラトビア

MAモロッコ

MCモナコ

モルドバMD共和国

MEモンテネグロ

MKマケドニア旧ユーゴスラビア共和国

MNモンゴル

MTマルタ

MWマラウイ

MXメキシコ

私のマレーシア

NCニューカレドニア

NIニカラグア

NLオランダ

ノルウェーはありません

NZニュージーランド

OAアフリカ知的財産機関

PAパナマ

PEペルー

PHフィリピン

PLポーランド

PTポルトガル

ROルーマニア

RSセルビア

RUロシア連邦

SEスウェーデン

SGシンガポール

SIスロベニア

SKスロバキア

SMサンマリノ

SUソビエト連邦(USSR)

SVエルサルバドル

TJタジキスタン

TRTurkey

TTTrinidadとTobago

TWTaiwan

UAUkraine

アメリカ合衆国アメリカ合衆国

UYUruguay

VNベトナム

WOWorld知的所有権機関(WIPO)

YUYugoslavia /セルビアとモンテネグロ

ZA南アフリカ

ZMザンビア

ZWジンバブエ