中国国家知識産権局(CNIPA)

中国出願の特許図面を説明するための規則は、「中華人民共和国の特許法の実施に関する規則」に基づく必要があります。
以下は、特許図面の図解に関連する重要な記事です。

 


第17条

  •   発明特許または実用新案特許の出願の説明には、発明または実用新案の名称を記載するものとし、これは請求書に記載されているものと同じでなければならない。説明には以下を含めるものとします。

  • ...。

  • (4)図面の注釈:図面内の各図を簡単に説明します(ある場合)。と

  • (5)発明または実用新案を実施するモード:発明または実用新案を実施するために出願人が企図する最適に選択されたモードを詳細に説明する。必要に応じて、これは例の観点から、もしあれば図面を参照して行われるものとします。

  • ...。

  • 実用新案の特許出願の説明には、保護が求められている製品の形状、構造、またはそれらの組み合わせを示す図面を含めるものとします。

第18条

  • 発明または実用新案の図面には、「図1、図2、…」のように番号を付け、番号順に並べる必要があります。

  • 本発明または実用新案の説明の本文に記載されていない参照記号は、図面に表示されてはならず、図面に含まれていない参照標識は、説明の本文で参照されてはならない。同じ複合部品の参照記号は、アプリケーションドキュメント全体で一貫して使用されるものとします。

  • 図面には、必須の単語を除いて、その他の説明文を含めないものとします。

第19条

  • 請求項で使用される科学的および技術的用語は、説明で使用されるものと一致していなければならず、請求項には化学式または数式が含まれている場合がありますが、図面は含まれていません。それらは、絶対に必要な場合を除いて、「説明の一部…に記載されている」または「図面の図…に示されている」などの説明または図面への参照を含まないものとします。

  • 特許請求の範囲に記載されている技術的特徴は、特許請求の範囲の理解を容易にするために、説明の図面の対応する参照記号を参照することができ、そのような参照記号は、対応する技術的特徴に従い、括弧で囲まれなければならない。参照記号は、クレームを制限するものとして解釈されるべきではありません。

第23条

説明の要約は、本発明を最もよく特徴付ける化学式を含み得る。図面を含む特許の出願において、出願人は、発明または実用新案の技術的特徴を最もよく特徴付ける図を提供しなければならない。図形の縮尺と明瞭さは、4cm×6cmに直線的に縮小した複製でも、すべての細部を明確に区別できるようなものでなければなりません。アブストラクトのテキストは300語以内でなければなりません。アブストラクトには商業広告はありません。

第27条

  • 申請者が色の保護を求める場合は、カラーの図面または写真を提出するものとします。

  • 出願人は、保護が必要な意匠を組み込んだ製品の主題に関して、関連する図面または写真を提出しなければならない。

第28条

意匠の簡単な説明は、意匠と意匠の本質的な特徴を組み込んだ製品のタイトルと用途を示し、意匠の本質的な特徴を最もよく示す図面または写真を指定するものとします。デザインを組み込んだ製品の見方が省略されている場合、または色の同時保護が求められている場合は、簡単な説明にその旨を記載するものとします。

第31条

...。

出願人が意匠特許の出願に対して外国優先権を主張し、先の出願に意匠の簡単な説明が含まれていなかった場合、出願人は、次の場合に優先権を享受することに悪影響を及ぼさないものとします。これらの規則の第28条の規定に従って出願人が提出した簡単な説明は、先の出願の図面または写真に示されている範囲を超えるものではありません。

...。

第35条

...。

2つ以上の意匠を1つの出願として提出する場合、それらには連続した番号を付け、その番号は、意匠を組み込んだ製品の図面または写真のタイトルの前に付けるものとします。

...。

第38条

クレーム、説明(実用新案の出願には図面を含める必要があります)および1つ以上のクレームからなる発明または実用新案の特許の出願、またはからなる意匠の特許の出願を受領すると、出願、意匠および簡単な説明を示す1つまたは複数の図面または写真について、国務院の特許管理部門は、出願日を一致させ、出願番号を発行し、出願人に通知するものとします。

 

第39条

以下の状況のいずれかにおいて、国務省の特許管理部門は、申請の受理を拒否し、それに応じて申請者に通知するものとします。

(1)発明または実用新案の出願に請求、説明(実用新案の説明に図面が含まれていない)またはクレームが含まれていない場合、または意匠特許の出願に請求が含まれていない場合、図面または写真、または簡単な説明。

第40条

説明に図面の説明文があるが、図面または図面の一部が省略されている場合、出願人は、州議会の特許管理部門によって指定された期限内に、図面を提出するか、宣言を行うものとします。図面の説明文を削除するため。図面が後日出願人によって提出された場合、それらの提出日または国務省の特許管理部門への郵送日は、出願の提出日とします。図面の説明文が削除された場合でも、最初の出願日は保持されるものとします。

第52条

発明または実用新案の特許出願における説明またはクレームに補正が加えられた場合、その補正が数語の変更、挿入または削除のみに関係する場合を除き、所定の形式の交換シートを提出するものとします。意匠特許出願の図面又は写真の補正を行う場合は、所定の方法で交換シートを提出しなければならない。

第69条

関連する発明または実用新案の特許の特許権者は、その説明または図面を修正してはならず、関連する意匠の特許の特許権者は、その図面、写真、または意匠の簡単な説明を修正してはならない。

第104条 

申請者が本規則第103条の規定に従い、中国国内段階に入る手続きを経る場合、申請者は以下の要件を満たさなければならない。

(5)外国語で国際出願を行う場合は、抄録の中国語訳を提出し、図面および抄録の図面がある場合は、図面の写しおよび抄録の図面の写しを提出します。図面のテキストは、もしあれば、中国語の対応するテキストに置き換えられるものとします。国際出願が中国語で提出され、国際刊行物の文書に含まれている抄録の写しと抄録の図面の写しを提出する場合。

第113条

出願人は、提出された図面の説明、クレーム、またはテキストの中国語の翻訳に誤りがあることに気付いた場合、提出された国際出願に従って、以下の期限内に翻訳を訂正することができます。

第121条 

さまざまな種類の申請書類を入力または印刷し、すべての文字を黒インクで、すっきりと透明にし、変更を加えないようにする必要があります。製図は製図器具を使用して黒インクで作成し、線は均一に太く、明確に定義され、変更がないものでなければなりません。

要求、説明、クレーム、図面、および要約には、アラビア数字で別々に番号を付け、番号順に並べる必要があります。